自分の足りないものを補うもの

年齢と共に肌にはさまざまな変化が現れます。乾燥による小ジワや頬のたるみ、シミや毛穴の目立ちなどどれも老けて見える要因となり、心にも大きな影を落としてしまいます。肌にこうした現象が現れるのは、年齢と共にさまざまな成分が体内で不足してくるからです。したがって、その足りない成分を補うことで、肌悩みを改善することができるのです。

美容サプリメントを選ぶときには、自分には何が足りないのかを知る必要があります。美容成分として補うべきものは、肌の状態によって違ってきます。肌が乾燥している人であれば、うるおい成分を補う必要があります。代表的な成分としては、ヒアルロン酸、コンドロイチン、グルコサミンなどがあります。ヒアルロン酸は元々人の肌に存在する物質で、自身の6000倍もの水分を抱え込むほどの高い保湿力を持ちますが、加齢とともに減少して乾燥の原因となるので、美容サプリで補うのが有効です。コンドロイチンやグルコサミンは関節痛の改善に効果がある成分として知られていますが、同じくうるおいを保つ効果が高い成分です。

肌のハリ不足やたるみが気になるのであれば、コラーゲンやビタミンCがおすすめです。コラーゲンは真皮層にあってエラスチンとともに肌のハリを支えている繊維組織ですが、年齢と共に変質あるいは減少してハリが失われる原因となります。またビタミンCはコラーゲンの生成に欠かせない成分なので、合わせて摂ると効果的です。

また、肌トラブルや肌の老化全般に関係するのが活性酸素です。活性酸素は老化や生活習慣病の元となるもので、元々人の体内にはそれを除去する酵素があるのですが、年齢と共に減ってしまいます。そこで活性酸素を除去する作用のある抗酸化物質を摂ることで老化を防ぐことができ、美容にも効果があります。具体的にはコエンザイムQ10やアスタキサンチン、レスベラトロールと言った成分になります。また、ビタミンCにも抗酸化作用があり、美白効果もあるため積極的に摂取したいものです。

不足しがちな栄養素を

美容には、毎日の食生活の安定が必要不可欠なのですが、社会人の女性などは、どうしても忙しい日が連続することがあり、食生活が乱れてしまうこともあります。そうなると、必要な栄養素が不足してしまい・・・・・ → クリック